きものの小川
お店の紹介
きものの小川
お知らせ
ちょっと聞きたい
きものあれこれ
 
 

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前月 2017年10月 次月>>

 

 

●管理画面
 

トップページへ


東京在住のハンドメイドフェルト作家、鷲尾加矢子さんの作品をご紹介する、「フェルトの小物展」。
7日(土)から15日(日)まで、当店1階にて開催中です。



カラフルな作品が並んで、すっかりお店も暖かい雰囲気になりました。

実は今回来て下さった鷲尾さんは、10年以上前に京都で知り合ったお友達。
当時社会人になりたての私は、満足にお話しもできず、ただただ、すごいなぁ…素敵な人だなぁ…と思っていたのですが、十数年ぶりに訪ねて行ったら暖かく迎えて頂き、お店で作品をご紹介させていただけることになりました。


茶色の帽子は、染めていない自然の色。
毛に、ほんの少し油分が残っていて水もはじいてくれるので、雨や雪の日にもおススメ。バッグやマフラーも個性的です。
フェルトの室内履きは、履いていくうちに、だんだん足の形になじんでくるそう。冬はもちろん、蒸れないので夏も快適なんだそうです。


かわいいアクセサリーも。フェルトはとっても軽いので、大きなピアスも耳が痛くなりません。
小さな靴は新生児用。履けなくなったら飾ってもかわいいです。

最近は、ニードルを使ったフェルト作品制作が人気ですが、今回ご紹介するのは主に水と石鹸を使い、縫ったりせずに、一枚のフェルトの形を整えて作られた作品です。
羊から刈り取った毛を洗って、カードにかけて繊維を同じ方向に整えたあと、染めたり、原毛の油量を調節して使うのだそう。
羊の種類によって、毛の長さや質も様々で、鷲尾さんはいい羊毛を求めて毎年モンゴルに行き、自ら毛刈りをしたり、染めたりしているそうです。


染められてきれいになった羊毛。

この羊毛を濡らして揺すっていくと、毛が絡まって不織布のようになり、揉みこむと更にギュッと縮みます。約2分の1の大きさまで縮むので、作りたい大きさの2倍の大きさから始めるとの事。
…ということは、あの大きなバッグはどのくらいの大きさから始めるのかしら…などと想像してしまします。大きな作品は体力仕事!

ちなみに、モンゴルの遊牧民が住む「ゲル」の外を覆っている布もフェルトだそうで、作るときは近隣に住む人が総出で集まり、丸太に巻いたフェルトを馬に曳かせて作るのだそうです。


8日、9日には、スピンドルを使った糸紡ぎと、小さなフェルト作品を作るワークショップも行いました。
小さな作品でも、フェルトになるまでこするのは、なかなか大変汗 でも、様々な作品が、どうやって作られているのかよく分かる楽しいワークショップでした。


私も真っ黒すぎて出番のなかったチャイナドレス(二胡の衣装用)に真っ赤なコサージュを作ってみました。


朝晩は随分涼しくなって、虫の音が心地よい季節になりました。

今年の秋は、花ロードに合わせてMOTA工房のハンドメイドフェルト作家、鷲尾加矢子さんの素敵なフェルト作品をご紹介します!

自由に形をつくれるフェルトならではの、型にとらわれない個性的な作品がたくさん。
軽くて暖かく、実用性もありながら、身につけると楽しい気持ちになれる、この世にひとつの作品が並びます。



                                     
開催期間:2017年10月7日(土)〜15日(日) 10時〜18時
                                   
7日には、オープニングにナナツキライブ
8日と9日には、楽しいワークショップも行います。


(クリックすると拡大されます)

作家さんは、7日~9日まで来店されますので、お話を聞いてみたい!という方、ぜひこの期間にどうぞ。


久しぶりに呉服の展示会を致します。

2017年6月25日(日)〜27日(火) 10時〜18時
当店2階にて


今回は柿染古代辻が花染色作家の佐々木宗一さんの作品をご紹介します。

佐々木さん指導の元で、オリジナルの帯揚げや額作品を作るワークショップも同時開催。ご希望の方は、開催期間のお好きな時間にご来店ください。(準備がありますので、お電話でご予約をお願いします。)

どなたでもお気軽にご覧ください。







お知らせ

6月1日(木)2日(金)の二日間、仕入・出張のためお休みをさせて頂きます。
ご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。   


久しぶりに金平糖を入荷しました。



果汁を入れたり、花を煮詰めたりして味付けし、職人さんが2週間手回しで作っているこだわりの金平糖で、とても美味しかったので、数年前からお店でお勧めさせて頂いています。
みかん、柚子、りんご、もも、葡萄などのフルーツ味の他、ワインやブランデー、サイダー・コーラなど変わった味も。

お茶の振り出し用の小粒なものも少しですが揃えました。
色がきれいなので、ガラスの瓶などに入れて飾るのもオススメです。


「工房ゆはたや」さんの作品展、明日から始まります。
どれも素敵なものばかりで、私たちも楽しみながら展示をさせていただきました。


きれいながら、深みのある色合いです。お店が華やかになりました。


個性的なバッグも。


日傘いろいろ。比較的大きめですが、生地が軽くて持ちやすいです。


大きな暖簾やタペストリーは、掛けるだけで空間が変わります。

  
今回のメインはお洋服です。形や染めによって、かなり個性的なものから、比較的使いやすいものまで、サイズも様々です。

生地や配色、デザインも一つひとつ違っていて、板締めや絞り染めの奥の深さを感じて頂けるのではと思います。


庭の木々も緑が濃くなって、すっかり過ごしやすい季節になりました。

5月14日(日)〜21日(日)まで、当店1Fギャラリーにて、「~有松からの贈り物~ ゆはたや展」を開催いたします。

「工房ゆはたや」さんは、東海道の風情ある街並みの一角にある素敵なお店で、以前有松を訪れた折、偶然入ったらあまりに作品が素敵なので、ぜひ!とお願いして、今回ご紹介させて頂けることになりました。
作品は一つひとつ丁寧に手作りされた一点もので、有松絞りの伝統技法を大事にしながらも、洗練されたセンスで、日々の生活で楽しめるものが並びます。
暖簾のような大きなものから、ショールやハンカチなどの小物まで。
ぜひご覧いただければと思います。




お庭の春蘭、そそと咲いてたのにちょっとかわいそうですが、春蘭茶になりました。
塩漬けにした春蘭の花は癖が無く、シャキシャキしていて食べてもおいしいです。
花だけほのかなピンクになるのがまたかわいい。



蘭の香りがふわっとして、優しい春の味。ほっと一息つけました。



週末はあいにくの雨模様でしたが、今日はお出かけ日和ですね。

8日から開催している「ほろ酔いの器展」では、小川喜久枝さんの個性やアイデアが楽しい作品が並んでいます。


考えて釉薬をかけても、釜の中の置く位置や、薪の燃え方で、色や模様の出方が様々に変化するそうです。
酔っぱらったかぼちゃの酒器や、夜のオーロラをイメージしたカップ、蓋付きの火器など、独創的なものから、お料理が映えそうな大皿や、日々使いやすいものまで、種類も様々です。





豆皿いろいろ。箸休めのお漬物や、おつまみを持っても楽しいです。
箸置きの代わりにも。



お好きなおちょこで日本酒をどうぞ~お酒



ツンドラや北欧の夜の森をイメージしたお皿。
ドライフルーツやチーズ・ナッツなど乗せると似合いそうです。お漬物三種盛り!お寿司をちょこっと並べる…などしてもいいですね。

4月16日(日)まで開催しています。春のお散歩がてら、のぞいてみてください。


3月も今日で最後、すっかり春らしくなってきました。
今年は、そんな春の夜に似合いそうな、ほっこりとした雰囲気の中に、キラリと個性が光る、小川喜久枝さんの陶芸作品をご紹介します。
生活を楽しんでいらっしゃる喜久枝さんならではの、遊び心ある酒器や、深皿、豆皿などが並びます。
どうぞお気軽にご覧ください。

『ほろ酔いの器展』 ~小川喜久枝の世界~

期間: 2017年4月8日(土)~4月16日(日) 10時~18時 
場所: 当店1階ギャラリー




そして初日の8日には、オープニングを飾るべく、「ナナツキ」で演奏をさせて頂きます。
チェロと二胡という異色の組み合わせですが、その分、クラシックから中国曲まで、幅広くレパートリーを広げています。
入場無料、入退場自由です。こちらもどうぞ合わせてお楽しみ下さいませ。



PAGE TOP ↑


 

きものの小川
新潟県上越市本町7-3-22 Tel 025-522-3400
営業時間10:00〜18:00 日曜・祝日10:00〜17:00
不定休(仕入などで年に数回程。お休みを頂くときはブログでお知らせ致します。)

Copyright © Kimonono ogawa