きものの小川
お店の紹介
きものの小川
お知らせ
ちょっと聞きたい
きものあれこれ
 
 

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前月 2018年12月 次月>>

 

 

●管理画面
 

トップページへ


街中にも手作りのイルミネーションが増えてきました。
みなさん、それぞれ工夫されていて、街を歩いていても楽しくなります。

先日知り合いのSさんからも、「イルミネーションつけたよ」と連絡をいただき、さっそく見に行くと・・・


ちょっと大人の雰囲気のタペストリーです。黒地に靴下やカードがよく映えて、色合いがきれいです。
夕方からライトアップされると、飾りもぐっと引き立ちました。

ちょっと外国の雰囲気がただようカード達。
カードはこれからも増えていく予定だそうです。楽しみです。

 
 


うちは猫は飼えませんが、実はうちの家族、大の猫好きです。
なので、たまにお友達の猫で癒されています。
先日も用事にかこつけ、猫を飼っている知人のもとへ。オフィスにおじゃますると、とっても綺麗な毛並みのトラ猫がお出迎えしてくれましたねこlove





3人でお茶を飲んでいると、机にぴょんっと飛び乗って、お行儀よく座ります。
なんだか話に参加しているみたいです。

よく犬派、猫派なんて言われますが、猫と犬のかわいさは全然別だなぁと思います。
犬は以心伝心と言いますか、一緒に散歩したり、遊んだりして、気持ちを通わせるのが楽しいし、信頼しきった瞳でしっぽをブンブンふるところなど、いじらしさがあるのかな・・と。
猫はあの独特の丸みややわらかさや、手を使ったりするしぐさや、妙に人間くさいところがあったりするのが可愛らしく、ただそこにいるだけで癒される動物だと思います。




お庭が美しい武蔵野酒造の楽酔亭で、恒例のお馬出し塾が開かれました。
いつもはお馬出しにある竹原旅館が会場ですが、今回は広い会場で、たくさんの方が集まっていました。



着物を着ている人もちらほらと。
実はお馬出し塾では、着物を着ていくと参加費の内500円のキャッシュバックがあるのです。
着物好きにとっては、着物で遊べる絶好の機会です。

今回のテーマは、ズバリ”お馬出しについて”です。江戸時代、高田城が築城される前のお馬出しの地形に始まり、お馬出しの役割や維新後の推移、それに伴う賑わいについて、たくさんの資料を交えてお話を伺いました。


・・・そして、しっかりお勉強した後はお楽しみの第二部が待っていますビール



手作りの美味しい御料理をいただきながら、参加した人達と楽しくおしゃべりしたり、街について熱く語ったり。

今回は蔵元が会場なので、蔵出しの日本酒が振舞われました。


ピリリとした舌触りで、非常に澄んだ味で美味しかったです。

来年2010年は3月上旬に第14回が開かれるそうです。テーマは「高田城開府400年」に向けて「高田城の歴史」についてです。




今日静岡からいらっしゃったお客様から、お土産にみかんをいただきました。


枝にたわわに実っているそのままの形です。

さすが、静岡のみかん!
ものすごくジューシーで甘くて、適度な酸味もあって、とっても美味しかったです。

やっぱり冬はコタツにみかんですね・・。
これで昔みたいにおもいっきり雪が積もっていたら、コタツでぬくぬくしてもちょっとは正当性もでるんですけど汗
暖冬ではそうもいきません。

仕事の合間につまませていただく事にいたしますダッシュ


高田世界館で、上越市男女共同参画推進センター主催の地域フォーラムが開かれました。
講演者は、小布施の街を歴史的な建造物を残しながら修景するなど、精力的に魅力的なまちづくりを行っているセーラ・マリ・カミングスさんです。
冗談も交えた流暢な日本語で、小布施の街で活動してきた想いを語って下さいました。

既に作られなくなった木桶仕込みの酒を復活させようと、”もう作れない”と言い張る職人さんに頼み込んで桶を作ってもらったり、損得感情にながされず、いいものを残したり、職人を育てるなど、非常に前向きに活動されていて、聴講しているだけで元気が沸いてくるようなお話でした。

今の日本人が”時代の流れだからしかたがない”と諦めてしまうところを、セーラさんは決して諦めないのですね。
古いものを昔の遺産として残すのではなく、今に活きる形で残していらっしゃるところや、まったく不可能と思われる事でも可能にしてしまう、アイデアと、情熱と、不屈の精神がすばらしいと思いました。



講演会の後には懇親会も。せっかくなので町家を使いたいという主催者の意向で、
うちの二階にて開かれました。
懇親会には、上越の町おこしをがんばっている方々も参加されて、和やかな雰囲気のなか、また色々なお話を聞かせていただきました。









今日は12月1日・・ということで、またまたよってきないに出かけました。

いつもの雁木通りを歩いていると・・・


剣山を逆さにしたようにびっしりと下がる大根!
前の大根は早々に取り込まれ、第二弾が下がっていました。


大根菜も。沢庵の上にかぶせるんですよね。

よってきないに着くと、「昔はみんな100本単位でたくさんつけて年中食べたので、これが当たり前だったんだけどねー」との事。
昔は大根に吊るすための穴を開けるのが子供の仕事だったのだそうです。


さて、お待ちかねの今日のご飯は・・・


銀杏たっぷりののっぺですlove 分厚い卵焼きも。今日は豪華です。



・・・でも、なんだかとなりの母の卵焼きが大きいなぁ・・・と気になってみたり。

昔、妹とおかずが多い少ないでケンカしたのを思い出します。
懐かしい郷愁の味ですね。

この間はコーヒーだったので、今日は最後にお抹茶をいただきました。



28日、29日と大町の旧師団長官舎で「挿花萌の会」の花展が開かれました。


私も習い始めて半年ちょっとですが、お花を出展させていただきました。
萌の会のお花は特に決った型がなく、自然の野の花を自然のままに生けるのですが、今回は会場が明治時代の洋館ということで、少々洋を取り入れた形になりました。

階段に葡萄が巻かれたり、クリスマスツリーや柊、バラなども生けられ、ピカソの絵がさりげなく掛けられたりして、非常にモダンな空間になりました。
紅茶又はコーヒーコーヒーにお菓子付きです。お菓子はフランスから取り寄せられたマカロンとカヌレ。
本場の味はとっても美味しかったです。


庭のドウダンツツジが、今紅葉真っ盛りです。





特に太陽の光があたると、真っ赤に輝いて、とても綺麗です。

ドウダンは新緑も美しく、釣鐘型の真っ白な花もかわいらしいので、一年を通して楽しませてもらっています。



ふと家の壁を見ると、ちっちゃなヤモリがくっついているのを発見しましたlove

苦手な方、すみません・・。

ぺたっとした指やつぶらな瞳がかわいいです。
板塀で囲われた隅にいたので、もしや冬越しの準備でしょうか・・?

無害で害虫も食べてくれるので、家の中にちょろっと出ても、非常に好意的な目で見てしまいます。
昔からヤモリが家にいると、悪い事がおきないと言われている所以でしょうか。

東南アジアでも、赤ちゃんが生まれる時にヤモリが鳴いていると、その子が幸せになると言われているそうです。



お店に来年の干支、寅が早くもおでましです。



あれよという間に11月ももうわずかになってきました。
ここまでくると、1年もあっという間ですね。
あとひと月ちょっと、”いい年だった”と言えるようにがんばりたいです。

PAGE TOP ↑


 

きものの小川
新潟県上越市本町7-3-22 Tel 025-522-3400
営業時間10:00〜18:00 日曜・祝日10:00〜17:00
不定休(仕入などで年に数回程。お休みを頂くときはブログでお知らせ致します。)

Copyright © Kimonono ogawa