きものの小川
お店の紹介
きものの小川
お知らせ

 

ちょっと聞きたい きものあれこれ

 

 
ちょっと聞きたいきものあれこれ
 

最近呉服屋さんで、紬地の訪問着というのを見かけました。
紬は普段着、訪問着はフォーマルと思っていましたが、これはどのようなときに、どうやって着たらいいのでしょうか。


A:
最近はきものも多様化しているので、型にはまらず、楽しんでみてはいかがでしょうか。
どんな柄でどんな生地なのか、実際に見てみないと一概には言えませんが、訪問着としてちょっとしたフォーマルにも着ていかれてもいいですし、
またお洒落着として着て、街歩きなどされてもいいと思います。
帯や小物次第で、どちら向きにもコーディネイトできるお着物ですね。


たまにかわいい柄足袋を履いている方を見かけます。私も柄足袋を楽しんでみたいのですが、なかなか店先で見かけません。


A:
もちろん既製品も色々ありますが、50センチ四方くらいのしっかりした布があれば、お作りする事もできますよ。
好きな布や余った端切れを使って、オリジナルの柄足袋を作ってみるのも素敵ですね。
生地をお持ちいただければ、既製品とそんなに変わらないお値段です。
フォーマルの場や御茶会では無理ですが、普段おあそびで着物を着る時には、柄足袋も楽しいお洒落アイテムですね。



友人の結婚式に着物を着ていこうと思うのですが、どんな着物を着たらいいでしょうか。   
あまりフォーマルの着物を持っていないのですが、無地でも構いませんか?

A:
もちろん、無地でも構いません。結婚式なので、帯は袋帯で。   
帯揚げ、帯締めといった小物を華やかにしたり、伊達衿を入れて、雰囲気をつくるといいですね。     
気軽なレストランウエディングなら、小紋くらいでもいいと思います。


冬、雪が降ったときなど、なかなかきもので出にくいのですが、どんな格好をしたらいいでしょうか。

A:
もんぺはいかがですか?もんぺを履くと雪道も歩き易いですし、車の乗り降りも便利です。
足元は雪下駄でもいいですが、長靴やブーツを履いてもいいですね。
もんぺを履いて大きなショールでも羽織ればとても素敵だと思います。雪国ならではのスタイルですね。


古いきもので裄や身丈が足りないのですが、なんとか着られる様にできませんか?

A:
裄は反物の幅一杯まで出すことができます。肩に縫込みがあれば、その分だけ長くできますが、手で触れただけで判断するのは、胴裏の生地がゴロゴロしている場合もありますので、注意が必要です。
身丈は内揚げがあれば、それを下げますし、無い場合は、別布を足す事で出すことも可能です。




 

 

きものや着付けに対する様々な疑問や不安を、なんでも気軽に書き込んでください。
このページで、ご質問内容とその答えを掲載いたします。




 

お名前(ペンネーム可)

 

「送信する」ボダンを押すと、送信内容の確認画面になります。修正がある場合、「戻る」ボタンで戻っても内容が消えてしまうブラウザ環境もありますので、この画面で書いていただいた文章をコピーしておくことをおすすめ致します。
また、ご質問の内容は送信してしまうと後に残りません。内容を残しておきたい場合は、次のメールアドレスをご記入しチェックを入れてください。


【メールアドレス】


【 メールアドレス】 (確認のため再度入力)

控えを送る(送信元へ写しを送信)

 


個別のご相談がございましたら、お電話、もしくは「お問い合わせ」のページからご連絡下さいませ。

きものの小川
新潟県上越市本町7-3-22 Tel 025-522-3400
営業時間10:00〜18:00 日曜・祝日10:00〜17:00
不定休(仕入などで年に数回程。お休みを頂くときはブログでお知らせ致します。)

Copyright © Kimonono ogawa