きものの小川
お店の紹介
きものの小川
お知らせ
ちょっと聞きたい
きものあれこれ
 
 

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<前月 2024年06月 次月>>

 

 

●管理画面
 

トップページへ


母の叔父さんと叔母さんが、久しぶりに高田に来てくださいました。
2、3年ぶりで話しも弾んだところで叔父さんから素敵なプレゼントがlove

叔父さんの力作の数々です。

片口や織部の銘々皿、花器などなど。
これから毎日使うのが楽しみです。


これはかわいいデミタスカップ。
少しずついただいていたのですが、今回のを合わせて5個セットになりました。


うずくまる。 人が蹲ったような形をしているので、こう呼ばれるのですね。
さっそくお庭のわびすけを入れてみました。


コメント

akisanさん

見てくださってありがとうございます!
片口はお漬物や佃煮を入れようかな・・なんて言っています。
織部のお皿も、御菓子だけでなく昆布締めなんかにもよさそうです。
器によって、お料理も表情が変わって楽しいですよね。
手抜き料理も素敵に見せてくれてありがたいと母がよく言っています。

 



うずくまるに侘びすけ良くあいますね。
ほかの器もどんな使われ方をするのかたのしみです。

 




コメントする










PAGE TOP ↑


 

きものの小川
新潟県上越市本町7-3-22 Tel 025-522-3400
営業時間10:00〜18:00 日曜・祝日10:00〜17:00
不定休(仕入などで年に数回程。お休みを頂くときはブログでお知らせ致します。)

Copyright © Kimonono ogawa