きものの小川
お店の紹介
きものの小川
お知らせ
ちょっと聞きたい
きものあれこれ
 
 

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<前月 2022年08月 次月>>

 

 

●管理画面
 

トップページへ


昨日偶然お会いした知人から、アオサギの羽根をもらいました。
少し前に、何枚も落ちていたことがあって、拾ってとっておいたのだそう。
形のいい羽根だったので、以前から憧れていた羽根ペンにしてみよう!と思い立ちました。

羽根ペンの作り方には、羽根軸を斜めに削ってインクの通る溝をつける元祖羽根ペンと、ペン先を別に取り付け、羽は飾りにする2通りの方法があるそうです。
前者だと、独特の味のある線が書ける反面、しばらく使うと摩耗するそうで…
それじゃあ後者の方は…とペンを探したところ、家にあったプラスチックの柄がついていたペン先が、羽根軸の太さとピッタリでした。
こちらも、万年筆とはまた違った、味のある字が書けると思います。

インク瓶は歯科医をしていた祖父が使っていた薬瓶がいい感じなので、代用したいと思います。




コメント


コメントする










PAGE TOP ↑


 

きものの小川
新潟県上越市本町7-3-22 Tel 025-522-3400
営業時間10:00〜18:00 日曜・祝日10:00〜17:00
不定休(仕入などで年に数回程。お休みを頂くときはブログでお知らせ致します。)

Copyright © Kimonono ogawa