きものの小川
お店の紹介
きものの小川
お知らせ
ちょっと聞きたい
きものあれこれ
 
 

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前月 2020年08月 次月>>

 

 

●管理画面
 

トップページへ


今年の桜は開花が早かったこともあり、もう花吹雪になりました。
毎日、お客様から「桜よかったよー」「雨だけどなんとか持ちこたえているみたい」などとお話を聞かせていただくたび、今年はまだ一度も目にしていない高田公園の桜の様子を頭に描いていましたが、ようやく夜晴れた日があったので、少しだけ出かけてきました。



      

もう満開を過ぎていましたが、夜空に映えてきれいです。
色々な桜の名所を見に行きましたが、贔屓目を差し引いても、他の場所に引けをとらないと思える迫力があります。








高田公園の桜は、陸軍第十三師団の入城を記念して明治42年(1909年)に在郷軍人会によって2,200本の桜が植えられたのが始まりです。
軍がひきあげるとき、軍の桜だからと全部切ろうとしたところを、地元の婦人達が高田の宝だから残して欲しいと懇願し、残ったのだそうです。
これだけの桜を今楽しめる背景に、そんな熱い人の想いがあるのだと思うと感慨深いです。

今では公園内と周辺合わせて約4,000本の桜があるといわれ、京都の円山公園、長崎市の丸山公園と合わせて”日本三大夜桜”に数えられる他、2012年にはCNNから「この季節にぴったりな世界五つの花見旅行先」の一つとして紹介されたとのこと。毎年全国各地から100万人を越す人が訪れるのですから、高田公園の桜も、本当に有名になったものです。

ピークの時には旧高田市内は車が渋滞し、駅は入場制限する程だったとか。今日も平日にもかかわらずかなりの人出でした。



こちらの忠霊塔前のしだれ桜も見所のひとつ。昨年の大雪で大枝が落ちてしまったのは残念でしたが、折れた枝はきれいに整理されていました。



せっかくなので・・・3年前、満開の時の写真です↓


 
高田公園の桜はほぼ染井吉野(ソメイヨシノ)ですが、実は接木でしか増やせないクローンなんですよね・・。大元はたった1本の桜なのだそうです。
寿命も100年ほどだそうで、桜が植えられた時期を考えると、そろそろ寿命を迎える木が増えて来る頃かもしれません。
古い木を守る事に加えて、今から少しずつ、若い桜を植えていくことも大事ではないかな・・・と思います。

でも、だからこそソメイヨシノは一斉に咲いて一斉に散るわけで、先に花だけをつける華やかさと、散り際の潔さが日本人の美意識に合っていて、これほど愛されたのですね。

”世の中に 絶えて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし” 毎年桜で一喜一憂、心がざわつく心境は、いつまでも変わらないものですね。



コメント

candle sora さん

先日はゆっくりお店を見ていただいて、ありがとうございました。
またブログにも遊びに来て下さってありがとうございます。

観桜会期間に、町興しの一環で、高田の伝統的な町家を見ていただこうと公開を始めてからもう7、8年になるでしょうか。
candle soraさんのように、遠方からいらして下さる方がいらっしゃるのはとても嬉しいです。

高田は観光地のように整備された街ではありませんが、反面、作られたものではない本来の素朴な魅力を残していて、おっしゃるように、生活や風景の変化が季節を色濃く感じさせてくれます。
桜でいっぱいだった高田公園は、すっかり新緑の緑につつまれました。夏にはお堀一杯に蓮が咲き誇ります。早朝に行くと蓮の香りが漂って、とても清々しいですよ。
また機会がありましたら、ぜひ遊びにいらしてください。

ブログ、早速拝見させていただきました。
昼の桜も夜桜も、人が集まる桜ロードもお堀沿いの小道も、ゆっくり見てくださったのですね。
実は地元にいながら、ほとんど昼間お花見に行ったことがないものですから、お堀に写った桜や三重櫓からの景色、雪の残る南波山とのコラボレーション、お写真で楽しませていただきました。

そして、素敵なキャンドルを作っていらっしゃるのですね。
バスタイムに暗くして灯しながら入ったら最高に癒されそうです。ホームページの方も、またぜひ拝見させてください。

 



この15日の夕方に、お店にお邪魔させていただいた観光客です。
お家の中も上まで拝見させていただき、とても嬉しかったです。
ガラスの作品に目を奪われ、翌日帰る日に寄ろうと思いつつも、
残念ながら時間がなく、帰京してしまいました。
撮らせていただいた写真を見ては、ハアーとため息です。
雁木のお話もありがとうございました。
そしてこの記事を読んで、また高田の奥の深さを知り、感動しています。
桜を見に行っただけかもしれないのに、たくさんのお土産を手にした気分です。
夏にはまた違う風景に出会えるのでしょう。
もちろん、冬は冬で、きっと見たことのない風景が広がっているのでしょう。本当に素敵な街だと思います。
ブログにドップリ観光客の記事をアップしました。
大変お恥ずかしい限りですが、良かったらどうぞのぞいてください。


 




コメントする










PAGE TOP ↑


 

きものの小川
新潟県上越市本町7-3-22 Tel 025-522-3400
営業時間10:00〜18:00 日曜・祝日10:00〜17:00
不定休(仕入などで年に数回程。お休みを頂くときはブログでお知らせ致します。)

Copyright © Kimonono ogawa