きものの小川
お店の紹介
きものの小川
お知らせ
ちょっと聞きたい
きものあれこれ
 
 

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<前月 2018年09月 次月>>

 

 

●管理画面
 

トップページへ


居間の隣に炉を切った小さな和室があるのですが、そこのガラスドアの手前に嵌め殺しの戸をつけてもらいました。
お遊びで、友人を呼んでお茶会などしたときに、躙り口の代わりにしたら面白いねと言ってつけたのですが、職人さんが品良く作ってくださって、部屋の雰囲気がぐっと良くなりました。

昼間見ると、月の形に切ったところから日が射してきれいです。


障子を下ろすと・・朧月月



コメント

まみさん

ありがとう!^^
こちらは一晩中雷が鳴ったかと思ったら、すごい雪になりました。でも雪明りに照らされる月もいい感じです。

そして、小学生の頃の赤い月・・・・・・・・・・ごめん。覚えてないかも・・・・(--;)。
せっかくのまみさんとの思い出のはずなのに、なんで覚えてないのだろう。
赤くて大きな月は恐いから、恐がりの私の記憶からなくなったのかもしれません・・。

 



すてきなお部屋拝見しました^^

昼も夜もお月さまに会えるなんていいなあ。。。

そんなコメントしか出来なく
ボキャ貧ですう。。。

そういえば
小学生のころ、合唱部練習の帰り道、
二人で燃えるような月を見たのを覚えてる??
正門近くで木々の中から地平線に近い
大きく赤い月を。

そう言いつつ
うろ覚えだけど。。。(^^;)

 



せいかさん

今日は素敵な絵を見せて下さってありがとうございました。少し素朴で柔らかいタッチが内容と合っていい雰囲気でした。

このお茶室は本格的にお茶をするというより、”大人の遊び”をしたい場所なので、遊び心のある戸がぴったりです。そして地元の職人さんというのががまた嬉しいところです。

洋間も好きですけれど、やっぱり日本人なので、畳や障子を見るとほっとしますね。和室はシンプルですが、無駄のない美しさを感じます。

今日は満月でしたか・・・。本当にこの一ヶ月はあっという間でした。
満月の月明かりは影ができるほど明るいですよね。
夜、本当の闇夜になる昔は、月夜の晩は神秘的できっと心が浮き立ったのだろうな・・と思います。
意外と銀世界になったら散歩に出たくなるかもしれませんね。

 



すてきな障子ですね。
最近は、畳も障子も襖もない家が多いなか、こんな障子を作ってくれた建具やさんはとっても和の雰囲気を大事にする職人さんなんでしょうね。
三日月以外に考えられない・・・・そんな雰囲気を感じます。

ちなみに、今日は満月でした。
もう一ヶ月経ったんですね。今年最後の満月なんですね。
もう少し暖かければ、散策にでかけたいような(光源氏みたいに)、そんな夜です。

 




コメントする










PAGE TOP ↑


 

きものの小川
新潟県上越市本町7-3-22 Tel 025-522-3400
営業時間10:00〜18:00 日曜・祝日10:00〜17:00
不定休(仕入などで年に数回程。お休みを頂くときはブログでお知らせ致します。)

Copyright © Kimonono ogawa