きものの小川
お店の紹介
きものの小川
お知らせ
ちょっと聞きたい
きものあれこれ
 
 

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<前月 2019年09月 次月>>

 

 

●管理画面
 

トップページへ


ずいぶん前に鉢で頂いた鷺草、今年も咲き始めました。
地におろすと絶えてしまうことも多いようですが、明るい日陰の苔の上という環境が良かったのか、年々少しずつ場所を移動しながらも、必ず出てきてくれます。
蘭の仲間ですが、日本の植物らしい、とても繊細でやさしい花。これに鷺草という名前を付けた人、とてもステキな感覚をお持ちだったんですね。

最近は湿地帯の開発や乾燥化で、絶滅してしまった地域も増えてきたようで、準絶滅危惧種に指定されているそうです。
そういえば、野生の鷺草を目にする事って殆ど無い気がします。
大事にしたいと思います。




今日は妹の誕生日。思い立ってバースデーケーキを作ってみましたケーキ
普段やらないことをやったので微妙な感じですが、愛はこもってますよ~汗

ちなみに、奥のかわいいイチゴケーキは会社から頂いたそうです。いつになく華やかな雰囲気になりました。
職場で誕生日を祝ってもらえるなんて、幸せですね・・。

これからみんなでお祝いしまーす。




中国にいた頃、同じアパートに住んでいたインドネシア人の友人から、突然、「日本に旅行することになったから会えないか」と連絡をもらい、都合をつけて東京まで行ってきました。
かれこれ10年ぶりの再会です。中国にいた頃はお互い慣れない海外暮らし、ご飯を作りあったり、物を貸し借りし合ったり、一緒に夜行列車に何日もゆられ、西安や洛陽へ旅行に行ったり・・・ 
会えなくても思い出いっぱいの親友なのです。
帰国してから、もう二度と会えないかもしれないと思っていただけに、今回の再会はサプライズでした。

ちなみに今回こんなに気軽に会えたのもFacebookができたおかげです。通信費をかけなくても連絡が取り合える便利ツールに感謝です。

聞くと、最近できた格安航空券を利用して、一緒に行く人を募って来たとのこと。泊まっているというシェアハウスにお邪魔すると、10人の大所帯でした。



友人以外は初めて会った方々ですが、皆さんとっても親切でフレンドリー。
ちょうどご飯が炊けたところで、朝ごはんをご馳走になってしまいました。



食費節約のため、食料は全部持ち込みだそうで・・・すごいです。
慣れないとお腹を壊すからと唐辛子少なめにしてくれました。
日本で買うと高いから・・と言っていましたが、中国では当たり前のようにスーパーに並んでいたハラール食品も、日本では殆ど見られないため、日本語が分からないと特に、食事の苦労は並大抵ではないように思います。

日本人としては東京のいいところを案内できるようにと色々調べて行ったのですが、皆さんとっくに行きたいところが決まっていたようで、このあと浅草、皇居、東京ジャーミィ(モスク)へ行ってきました。



日本人のように時間で計画をたてて、次々回るような焦っくらしい旅行ではありません。気の赴くままにお土産を買って、珍しいものがあると満足するまで様々なポーズで写真を撮り、芝生があると寝転んで休む・・というゆるーい旅行です。
それでいて、10人が思い思いに動いているのに、集合写真を撮ったり、そろそろ次に行くか・・という頃になるといつの間にかちゃんと全員揃っている息のそろった行動力。電話もかけられないのにすごいなぁと関心してしまいました・・・。

最後に行った東京ジャーミィは、代々木上原にある、トルコの文化も伝える立派なモスクです。トルコから運んだ資材を使い、100人ほどのトルコの職人さんが内装、外装を手がけたそうで、ため息が出るほど綺麗で立派でした。
イスラム教徒でない私も、髪をスカーフで隠せば入ってもいいと言っていただき、お言葉に甘えて中を見せていただきました。

建物の上階に光の入る礼拝堂があるのですが、そこに入る前に靴を脱ぎ、手足と口と顔と髪の生え際を綺麗に清めるのだそうです。すべて洗うととてもさっぱりした気持ちになりました。
友人と友達になった頃から特に、イスラム教の事はある程度理解していたつもりですが、改めてきちんと勉強させてもらうと、その信仰の内容や、信仰する意味について、やっぱり知らないことも多く、とても理解が深まったように思いました。

自分自身が信仰を持たなくても、お互いを尊重するためにも、やっぱり相互理解は必要ではないかなと思います。

・・それにしても、東京観光のはずなのに、なんだか私のほうが異文化にたっぷり触れた1日でした・・・。


ゴールデンウィークですね!皆さん良い休日をお過ごしでしょうか。

連休ですが、お店の方は変わらず営業しております。県内外からの観光の方が、高田の雁木の町並みや、町家を見に来てくださるのが嬉しいです。


・・・さて、我が家の方も久しぶりに一番下の妹が帰省しまして、家にいてもしょうがないからどこか行きたい!と言うので、久しぶりに2人で出かけました。
車を走らせるうち、なぜか牧の古墳と棚田の方向へ。
ショッピングとかじゃなくてもいいのかな・・という心配をよそに、初古墳に大はしゃぎな妹。



普段都会暮らししていると、田舎の空気が心地いいらしいです。
(ちなみに、この古墳の下は調査済みで、もう誰も眠っていらっしゃいません。以前に登ってもいいと伺ってますのでご了承くださいませ。)

その後、山の方に登って景色を眺めてきました。
地元の皆さんが、20年ほど前から、八重桜の木を大事にしてきたはばたきの丘にもちょっと寄り道。



八重桜が今正に満開でとっても綺麗でした。
一重の染井吉野や山桜とはまた違ってゴージャスな雰囲気・・・。迫力です。





この辺は、まだ昔ながらの棚田が残っていて、景色が素晴らしいです。
まだ田植え前ですが、もう少ししたら水に空や緑が写って、絶好のポイントになりそうです。

ほんの少し郊外へ行くだけで、こんな里山が残っている、上越っていい町だなと、森林浴しながら改めて実感した1日でした。


昨年末にお世話になっている方から頂いた八角蓮。
うちの環境に馴染むまで、育てるのが難しくてヤキモキしていましたが、この春先になって、元気な芽がググッと出てきました。



もともと中国や台湾の深山に生息している植物で、成長すると八角形の大きな葉を広げ、高さも5、60センチから1メートル程になる大型の山野草です。
大きくなると迫力ですが、出始めたばかりの、この濡れたような芽に一番生命力を感じます。

赤や白のかわいい花をつけた後大き目の実を付けるので、夏から秋にかかる頃にオシャレな花器にスッと一本挿すと、とっても素敵!なのですが・・たぶんかわいそうで切れないでしょう・・。
もう少し大きくなったら、庭のいいところに植えてあげるつもりです。


今日はこの冬一番の雪です。いつもならとっくに真っ白になっているはずなのに、今年は年が明けても雨ばかり・・
雪が少ないのは楽です。楽ですけれど、やっぱり雪国に住んでいると雪が無いのは少し寂しくもあり・・この景色を見て少しほっとしてしまいます。




とうとう白くなりました・・ 今年は大雪だ!という噂が街中を飛び交っているためか、今年は念入りに冬囲いをするお宅が多かったです。
初雪の早さが、それを物語っているようで、いよいよ来たかと身構える今日この頃。
一年の中で一番早く来て、一番長く感じる季節です。これでしばらく太陽とさよならですね・・



PAGE TOP ↑


 

きものの小川
新潟県上越市本町7-3-22 Tel 025-522-3400
営業時間10:00〜18:00 日曜・祝日10:00〜17:00
不定休(仕入などで年に数回程。お休みを頂くときはブログでお知らせ致します。)

Copyright © Kimonono ogawa