きものの小川
お店の紹介
きものの小川
お知らせ
ちょっと聞きたい
きものあれこれ
 
 

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月 2024年05月 次月>>

 

 

●管理画面
 

トップページへ


テレビでも連日寒波、大雪のニュースが流れる中、本格的に冬らしくなってきました。

このつららが寒さを物語っています。


暖冬の年は目にする事もなかったのですが、今年はどこの軒先にも立派にできています。
1メートル近く育っているところもちらほら。


今日は3回目の雪下ろし。屋根の積雪も1メートル程でしょうか。
庭の木々もアイシングで飾ったみたいにモコモコです。


だんだん暗くなってきた玄関先。
一斉雪下ろしになったら埋まってしまうかしら・・??


ただ、いつの間にか正月太りがスッキリ解消されたのだけは雪に感謝です・・。




今日は昨日に比べてぐっと冷え込み、朝から空気が張り詰めていました。
外に出てみるとふっかふかの新雪が雪



こんな雪の時にはたくさんの結晶がキラキラ光ってとてもきれいです。

思わず手にとって観察

 
 

自然が作り出すデザイン、完成されてます・・。 


結成してから今年で活動歴8年目のあわゆき組、ずいぶん街の方々にも親しんでいただくようになってきました。
今日は、いつも活動しているメンバーで、打合せをかねての新年会。


”くびき野みんなのテレビ局”通称”みんテレ”の活動拠点をお借りして・・

新井の武相荘 (ぶあいそう)さんからいただいた豪華なお弁当と、


組長直々振舞ってくださったスキー汁と、


あわゆき組の”マダム”が作ってくださった、美味しいケーキにサングリア


をいただきながら、楽しいひと時を過ごしました。

昨年夏に行なった「あわゆき読み語り」の映像を、ハイビジョンカメラできれいに撮って頂いたので、食事の後は上映会です。


映像もよく撮れていましたが、世界館という場所の良さ、なにより読み語りをされた皆さんの表現がとてもすばらしく、ただの記録ではなくて、そのまま作品として楽しめそうな出来になっていました。
年々良くなっていく読み語り、今年の活動にも力が入りそうです。

昨年のあわゆき読み語り練習風景はこちら

そして、今年2月に行なわれる「あわゆき道中」と「瞽女の門付け再現」の打合せも。
今年は今日いただいたスキー汁の販売を検討しています。

恒例の行事になってきたこのイベント、ぜひたくさんの方に楽しんでいただければと思います。

詳しくはあわゆき組ホームページへ


随分前からなんとなく気になってはいたものの、行かず仕舞いになってしまいそうだった「借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展」、行くなら今日しかない!と思いたち、午後から車を飛ばして見に行ってきました。

 

平日にもかかわらずすごい人気で、駐車するだけで一苦労でしたが、小さくなってドールハウスに入ってみたい!とか、映画の「ミクロキッズ」のような体験をしてみたい!という夢を、かなりリアルにかなえてくれるクオリティーの高さ。
純粋に楽しめました。

映画を見てから行くと、忠実に再現されているのが分かって、さらに面白いかもしれません。

もし、本当に自分が小さくなったとしたら、人間、動物、昆虫はオバケだと思うのですが、ゴキブリなんかも不思議とリアルな割に怖くないところに、映画と共通した演出を感じました。
・・と言いつつ葉っぱにとまっていた大きなバッタにまったく気がつかず、触覚が動いたのを見て内心すごくびっくりした私なのでした・・(笑)。


今日は大分気温が下がって寒い一日でした。
屋根の雪がたまってきたので、早めに・・と思い、下屋だけ雪下ろし。



新雪がつもっていて滑りにくく、屋根に乗るには丁度いい日和でしたが、雪が積もると屋根の傾斜が分からなくなり、やはりなんとなく恐いです・・。

屋根に乗っている雪の総重量、どのくらいなのでしょう。
それに耐えてがっしり建ってくれている家に頼もしさを感じました。





明けましておめでとうございます。
今年もどうぞ、宜しくお願いいたします。

年末、年始はいかがお過ごしでしたでしょうか。

今年の干支、辰には”奮い立つ”という意味があるそうです。
昨年は色々なことがありましたが、辰年らしく心機一転、前を向いて行きたいものです。



PAGE TOP ↑


 

きものの小川
新潟県上越市本町7-3-22 Tel 025-522-3400
営業時間10:00〜18:00 日曜・祝日10:00〜17:00
不定休(仕入などで年に数回程。お休みを頂くときはブログでお知らせ致します。)

Copyright © Kimonono ogawa